>

魚焼きグリルのこびり付きや臭いを除去する方法

こびり付きや臭いから魚焼きグリルを守るには

魚焼きグリルとは

魚焼きグリルとは、ガスコンロやIHクッキングヒーターに付属する加熱調理器具の一種であり、魚焼きの名を冠する通りに主に魚を加熱調理することを想定されています。
キッチン周りの設備に興味のない方や一人世帯での生活が長い方を除き、ご存じない方は少ないかもしれません。

魚焼きグリルは、魚を加熱調理することを主たる目的とした加熱調理器具です。
一般的に生魚や干し魚を焼き魚に調理する際に用いられますが、魚焼きグリルはその名称とは裏腹に、魚の加熱調理専用の調理器具ではありません。

ちなみにガスコンロには、主に、水あり片面焼きグリル、水なし片面焼きグリル、水なし両面焼きグリルの三種類があります。
水ありのグリルがグリル内の温度上昇や煙の抑制に効果的で、水なしのグリルはグリル内に水を入れなくて良い分、掃除が容易です。

魚焼きグリルのこびり付きと臭いの原因

魚焼きグリルは焼き魚だけでなく、焼き鳥やホイル焼き、焼き貝など、様々な調理に利用できます。
アルミホイル等で熱を遮ればトーストを焼くこともできるなど、利便性の高い加熱調理器具です。

ただし魚焼きグリルは、魚焼きグリル内部の受け皿の上に網が乗っており、加熱時の密閉性が高い関係上、フライパンや鍋のような調理器具にはない独自の難点として、こびり付き汚れと臭いが発生しやすいことが挙げられます。

魚焼きグリルのこびり付き汚れと臭いの原因は、魚焼きグリルの使用中にグリル内に魚や肉の脂が飛び散ってしまい、この脂がグリル内部の隙間のように掃除が難しい場所に付着した際、掃除しきれなかったり気付けなかったりして、魚焼きグリル内の汚れが落とし切れていないからに他なりません。


この記事をシェアする