>

魚焼きグリルのこびり付きや臭いを除去する方法

こびり付きを魚焼きグリルから落とそう

主な魚焼きグリルのこびり付きの落とし方

魚焼きグリルのこびり付きを落とす主な方法は、一般的な食器洗剤として用いられる中性洗剤を使い、掃除することです。
魚焼きグリルは、グリルと受け皿、網というシンプルな構造ながら、メーカーごとに仕様が異なるため、掃除の方法も魚焼きグリルごとに異なります。

例えば、受け皿と網が引き出し状になっているタイプであれば、引き抜いてから受け皿と網を中性洗剤で掃除し、グリル内部はスポンジやブラシの硬い歯ブラシのような隙間を掃除しやすく、手の届かない部分まで掃除できる道具を用意して、中性洗剤と併用することで掃除可能です。

しかし、受け皿と網が引き出し状になっていない場合や、引き出し状になっていても引き抜けないタイプの場合、受け皿と網は取り外せません。
スポンジとブラシの硬い歯ブラシに中性洗剤を併用しつつ、グリル内部と同じように掃除しましょう。

頑固な魚焼きグリルのこびり付きの落とし方

単なるこびり付き程度なら、スポンジやブラシの硬い歯ブラシに中性洗剤を併用すれば概ね落とすことができます。
魚焼きグリルの掃除を怠り頑固なこびり付き汚れになってしまった場合、こびり付きを落とし切れないかもしれません。

そのため魚焼きグリルを使った場合、本来なら速やかに掃除してしまうことが望ましいのです。
社会生活において家事に割ける時間には限界と個人差があり、誰もが使った魚焼きグリルを直ぐに掃除できるとは限らないでしょう。

魚焼きグリルに頑固なこびり付き汚れがついてしまった際には、重曹と炭酸ナトリウムから成る、アルカリ剤の洗濯補助用品であるセスキ炭酸ソーダを使用するのがお勧めです。
掃除の前に水でセスキ炭酸ソーダを100倍に希釈し、スプレーボトルを使って魚焼きグリル内部に吹き付けてキッチンペーパー等を張り付け、60分ほど放置すると効果的です。


この記事をシェアする