>

魚焼きグリルのこびり付きや臭いを除去する方法

魚焼きグリルの臭いを取り除く

魚焼きグリルから臭いを取り除くには

魚焼きグリルの臭いの原因はこびり付き汚れと同様に、魚や肉の脂が飛び散ることによって魚焼きグリル内部と網や受け皿が汚れてしまうことに起因しています。
飛び散って付着した魚や肉の脂を掃除しても落ちなかったり、掃除をするまでに間隔が空いてしまったりすると、魚焼きグリルに生臭い臭いがついてしまいます。

魚焼きグリルに臭いがつく原因が肉や魚の脂を掃除しないことにある以上、当然ながら対策は、使用した魚焼きグリルについて速やかに掃除することになります。

臭いを取り除きたい場合も、魚焼きグリルを掃除する方法自体は基本的に変わらず、スポンジとブラシの硬い歯ブラシに中性洗剤を併用しながら、グリル内部や受け皿と網を掃除するのが、臭いを抑える方法となります。

魚焼きグリルのどうしても取れない臭い対策

既に述べた通り魚焼きグリルから臭いを取り除きたいのであれば、掃除が基本的な方法ではあります。
残念ながら掃除が行き届いていなかったり、掃除を怠ったりすると、臭いがしつこく染みついてしまうことが少なくありません。

一度、魚焼きグリルに臭いが染みついてしまうと、掃除だけで臭いを取り除くことは難しいでしょう。

そのような場合は、魚焼きグリル全体に薄く広く重曹を振りかけて、グリルの構造が引き出しタイプかつ引き抜き可能なら引き抜いて、引き抜き不能なら痛まない程度に引き出して、できるだけ空気に触れさせ重曹の化学反応を促進してください。

重曹以外にも、茶葉やコーヒーの出し殻を魚焼きグリルに入れ煎る方法や、柑橘類の皮でグリル内部を拭き取る方法、加えてセスキ炭酸ソーダを使って掃除する方法などが、しつこい臭いの除去に効果を望めるでしょう。


この記事をシェアする