魚焼きグリルのこびり付きと臭いを除去するには

魚焼きグリルのこびり付きや臭いを除去する方法

こびり付きや臭いから魚焼きグリルを守るには

魚焼きグリルとは、ガスコンロやIHクッキングヒーターに付属の加熱調理器具で、主に焼き魚を焼くために用いられます。 火加減を間違わなければ利便性の高い調理器具であるものの、グリル内で食品を焼く性質上、魚や肉といった食品の脂がグリル内に付着しやすく、こびり付きや臭いの原因となります。

こびり付きを魚焼きグリルから落とそう

沈着してしまう前のこびりつきなら、中性洗剤にスポンジや硬いブラシの歯ブラシを併用して掃除すれば、ほとんど落とせます。 沈着してしまったこびり付きは、一般に洗濯補助用品として販売されているセスキ炭酸ソーダを使用して、掃除の効果を高めることでご対応ください。

魚焼きグリルの臭いを取り除く

魚焼きグリルにこびり付きや臭いが生じる理由は、魚や肉を焼いた際にその脂が魚焼きグリル内で飛び散って、周辺に付着することで起こります。 臭いを取り除く場合も掃除が基本対策なのですが、臭いが落ちにくい際は重曹を使用するなど工夫が必要となるでしょう。

魚焼きグリルとこびり付きや臭いの原因

魚焼きグリルを使う以上、どうしてもこびり付きや臭いはつきものであり、魚焼きグリルを使った後は速やかに掃除することがこびり付きや臭いの予防策です。
掃除以外にも、こびり付きや臭いを防ぐ方法がないわけではありません。

具体的にいくつかの方法を挙げてみると、まず魚焼きグリルを使う際、調理する食品をアルミホイルで包んでしまう方法が挙げられます。
ホイル焼きはもちろん、食パンやソーセージ、生野菜などを手軽に焼くことができますが、火の通りが見づらいため、魚や肉のように中まで火を通さなければならない食品を焼く場合には適さないでしょう。

次に、魚焼きグリルの網の上にアルミホイルを敷く方法が挙げられます。
包み込んでしまう程の効果は望めないまでも、受け皿と網に汚れが付着しにくくなるためこびり付きや臭いの発生リスクを抑制できるので、こちらもお勧めの方法です。
受け皿が高温になり溶けてしまいかねないため、受け皿には敷かないでください。

これ以外には魚焼きグリルを掃除してから約5分間空焼きすることで、残ったこびり付きや臭いを焼いてしまい、しつこいこびり付きや臭いになるのを防止する方法があります。
空焼きの際、緑茶やコーヒーの出し殻を魚焼きグリルの中に入れて煎れば、臭いに対する効果を高めることができます。

しかし、結局のところ最も効果的なのは、魚焼きグリルを使った場合、速やかに掃除してしまう事であることには変わりありません。
魚焼きグリルを頻繁に使用される方は、特に魚焼きグリルの掃除を習慣づけるべきでしょう。